VUELODomingo Rosillo 3205.1N

460,000円(税別)

 

 

世界限定 90ピース

 

 

自動巻 パワーリザーブ42時間

径44mm ×高11.4mm

防水3 ATM

エイジング仕上ステンレススティール

時、分、秒、日付

カンガルーレザーストラップ

ピンバッグル

ドミンゴ ロシ-ヨ、隠れた英雄

みなさんが、航空の先駆的な時代について考えるとき、数名の名前が頭に浮かぶことでしょう。 1909年にイギリス海峡を渡ったルイ ブレリオ(Louis Bleriot)と、1927年に彼のスピリット・オブ・セントルイス号に乗って大西洋の上を飛んだチャールズ リンドバーグ(Charles Lindbergh)など。 ここに、もうひとつの名前があります。キューバのドミンゴ・ロシーヨ・デル・トロも航空機の殿堂にふさわしい功績をあげているのです。

1912年後半、ドミンゴ ロシーヨ(Domingo Rosillo)はパリの航空学校で国際飛行免許を取得しました。 時を同じくしてキューバ出身の、ライバルアウグスティン パーラ(Augustin Parlá)がいました。彼らは航空記録更新で激しく競うことになります。そんな折、ハバナ市がアメリカのキーウェストからハバナまでの約90マイルの危険な開放水域を渡ることができた最初の成功者に1万ドル(今日の価値で約25万ドル)の賞金を提示し、ふたりの対立がより激化しました。

当時、空を飛ぶことは非常に危険な技でした。世界中のひとびとは、その危険さゆえの魅力にこころを奪われていました。1913年5月17日、ドミンゴ・ロシーヨはわずか50馬力のロータリーエンジンのモラーヌ・ソルニエ 単葉機に乗り込みました…彼のライバルパーラも、同日に離陸を試みようとしましたが、技術的な問題に悩まされ断念せざるをえませんでした。
彼は幸運のお守りである相棒の猿とともに、キーウェストから悪条件のもと、飛び立ちます。コンパスを搭載しない飛行には、3隻のキューバ海軍船が飛行を手助けするためにルートを先導する役目を担いました。フロリダ海峡と、その海域は多くのサメが出没する危険なエリアであり、何等かの問題があれば、命を落とす危険があった場所です。
ほぼ視界が無い状態で飛び続けた2時間後、ロシーヨはハバナ要塞から発せられた3発の礼砲を聞き、小艦隊のボートの群れを発見しました。 着陸したときには、燃料とオイルをほとんど使い果たしていたそうです。キャンプコロンビアで5万人の歓喜した群衆に迎えられ、開放水域上での史上最長の長距離飛行の世界記録達成の祝福を受けました。
この飛行の際、キーウェストの市長からハバナの市長宛ての郵便物を携え、無事に配達を果たしたことで、ロシーヨはキューバでの最初の航空郵便のパイロットとして認定されました。

もうひとつの挑戦
ロシーヨの記録から、わずか2日後、彼のライバル、アウグスティン・パーラはカーティス水上機で飛び立ちました。ロシーヨが持たなかったコンパス、勇気、そして大きな決意を持って、より長い時間をかけて117マイルを飛行。マリエル港に着陸して、敗北の窮地から一転しての勝利の記録を勝ち取りました。(しかし、彼が得た残念賞は、ロシーヨが2日前に獲得した額の半分だったそうです。) 

この記録更新があっても、ロシーヨが最初の記録保持者であり功績は高く評価されました。しかし、次々と更新される新たな記録によってその名前は忘れ去られていきました。 彼の名前を再び世に出すこと、このことこそ「ヴェロ ドミンゴ・ロシーヨ」のインスピレーションであり、勇敢なパイロットへのオマージュです。

「ヴエロ ドミンゴ・ロシーヨ」 モデル
ヴェロ ドミンゴ・ロシーヨはクエルボ・イ・ソブリノス最初のパイロットレンジです。 パイロット・ウォッチの典型的デザインを備えたスポーツ・ウォッチが生まれました。大きな数字、高い視認性のダイヤルとユニークなレトロシックを感じさせるカンガルー素材あるいはカーフを使用したストラップが特徴的です。
洗練された44 mmのケースはヴィンテージ仕上げを施され、最大10時間かかる長いプロセスを経て得られた風合いは2つと同じものはありません。ケースバックには、フロリダからハバナへの飛行ルート、日付が美しく巧みにデザインされ、ドミンゴ・ロシーヨの偉業をひとめで確認することができます。
ダイヤルの意匠は、ドミンゴ・ロシーヨの業績をたたえて発行されたオールドスタンプからモチーフを得ています。

Copyright© muraki co.,ltd All Rights Reserved.